歯周病予防のためにも子犬の頃からしっかり歯磨きをしてあげよう

歯周病になってしまった

今の犬を飼い始める前に飼っていた犬が、歯磨きをしていなかったため歯に歯石がついて歯周病になってしまいました。

口臭も酷く、歯がぐらぐらしてしまい本人(犬)も歯が痛いためか食欲がなくなってしまい、ドライフードをお湯でふやかしてあげていました。

病院で処置してもらい悪くなった歯を抜いてもらいましたが、老犬になってからの全身麻酔は体に負担もかかり可哀想なことをしてしまいました。

また歯石を除去してもらってもその後歯磨きを続けていかなければまたすぐについてしまうので無理やり磨いていましたが慣れない歯磨きで犬も人もかなりストレスになっていました。

そのためその次に飼い始めた犬は子犬のころから歯磨きに慣らして、歯石がつかないようにしていました。

上手な歯の磨き方

子犬は最初は口の中を触られることを嫌がりますが、最初から磨こうとはせずまずは濡らしたガーゼを指に巻いて歯の外側を軽く拭くといった感じで口の中や歯を触らせることから始めました。

ガーゼに慣れたら歯ブラシに持ち替えて、外側を磨くのに嫌がらないようなら口を開けて内側も少しずつ磨くというように少しずつ慣らしていったので成犬になる頃には歯磨きを全く嫌がらなくなりました。

子犬の頃は乳歯からそのうち永久歯に生え変わってしまうので歯石が付くまで汚れるということはあまりないと思いますが、口の中を触らせたり歯を磨くことに慣れさせるためには子犬の頃からの方がいいと思い、早くから始めました。

ただし、無理やりだと嫌な記憶が残り磨かせてくれなくなるので嫌がらないようにを心がけました。

老犬になっても噛む力は健在

子犬の頃から歯磨きを継続してきたことで、同年代の歯磨きをしてこなかった犬に比べて明らかに歯が綺麗だし、歯茎も健康なピンク色です。

ドライフードもふやかさなくてもかみ砕けるし、老犬になっても引っ張り遊びが大好きです。

歯は体全体の健康にも影響しているんだと感じました。

それでも小さな犬の歯を完璧に磨くことは難しく、歯石が溜まってきたと感じたら病院で歯石除去をしてもらっています。

その時に体全体も異常がないか診てもらっています。

自分でヘラのようなもので削る人もいますが、歯の表面に細かい傷がつくことで余計に歯石がつきやすくなってしまうそうです。

また毎日口の中を確認するということは、歯の事だけではなく口のなかにできものができたりした時にすぐに気づくことができます。


サイトトップ:シニア犬に多い体調不良の対策方法!よくある事例を紹介!

↑ PAGE TOP

サイトマップ